前田 篤志

プロフィール

  • 氏名:前田 篤志(マエダ アツシ)maeda2
  • 職名:教授
  • 学位:博士(理学)
  • 所属学会:応用物理学会
  • 専門1:可視化技術
  • 専門2:シミュレーション
  • 専門3:教育工学(eラーニング)
  • 研究室:専門棟I(3F)
  • E-Mail:at_maedam-address

メッセージ

「研究とは何か?」からスタートし、テーマ設定,計画立案,実験,ディスカッションを経て学会発表で完結する。以上が私の考える『卒業研究』です。必要となる資質はただ一つ、「自主性」です。是非、自身のアイデアを形あるモノにしてください!

現在の研究課題は、(1)視認できないものの見える化(⇒3次元シミュレーション)、(2)理解できないものの見える化(⇒手話翻訳)、(3)存在しないものの見える化(⇒複合現実感)です。

3次元シミュレーションでは、電磁気現象を対象とし、美しさを実現するための各種レンダリング手法やOpenMP,OpenCLを採用した高速描画手法の確立を目指しています。手話翻訳では、Microsoft社が開発したゲーム用コンソール「Kinect」が持つ深度センシング機能を用いた手指検出・追跡の高速化に取り組んでいます。複合現実感に関しては、実空間の物体に付与した仮想空間情報をヘッドマウントディスプレイで視認する未来型学習スタイルの可能性を検証しています。

主な担当授業

  • 電磁気学Ⅰ(本科3年メカトロニクスコース)
  • 工業材料(本科3年メカトロニクスコース)
  • 電磁気学Ⅱ(本科4年メカトロニクスコース)
  • 工学演習(本科4年メカトロニクスコース)
  • 電子機械工学実験Ⅰ(本科4年メカトロニクスコース)
  • 技術英語(本科5年メカトロニクスコース)
  • 知的所有権(専攻科2年全コース)

卒業研究

平成30年度

  • 拡張現実感を用いた自転車運転補助システム
  • 複合現実感を用いたディジタル教材
  • RGBカメラを用いた視線検出システム

平成29年度

  • ARを用いたメモ書きシステムの開発
  • MRによる仮想会話の研究
  • ROS搭載ロボットを活用した3次元空間体験システムの開発

平成28年度

  • ヘッドマウントディスプレイを用いたロボット操作システム
  • 古典的原子モデルの三次元可視化シミュレーション
  • HMDを用いたリアルタイム視覚共有システム
  • Kinectを用いた音のAR

平成27年度

  • ヘッドマウントディスプレイを用いたものづくり支援システム
  • Kinectを用いた指文字翻訳
  • Arduinoシミュレータ