金田 忠裕

プロフィール

  • 氏名:金田 忠裕(カネダ タダヒロ)kaneda
  • 職名:教授
  • 学位:博士(工学)
  • 生年月:1966年10月
  • 所属学会:日本機械学会、日本高専学会、日本工学教育協会
  • 専門1:科学教育(工学教育)
  • 専門2:知能機械学・機械システム(メカトロニクス)
  • 専門3:リハビリテーション科学、福祉工学(福祉用具・支援機器)
  • 研究室:専門棟I(3F)
  • E-Mail:tkanedam-address

メッセージ

メカトロニクス技術の応用として、ロボット教材と福祉用具について研究をおこなっています。

制御研究室では、電子制御技術を通して実際に設計・製作できる技術者を目指して教育・研究をおこなっています。

主な担当授業

  • 電子回路(本科4年メカトロニクスコース)
  • 人間工学(本科5年メカトロニクスコース)
  • 応用センサー工学(専攻科2年)
  • リスクマネジメント(専攻科2年)
  • 工学システム実験実習(専攻科2年)

卒業研究

平成30年度

  • 眼電位スイッチの製作とその応用
  • 自律走行型コミュニケーションロボットの開発
  • 呼気によるモールス信号を用いたハンズフリー音声出力デバイスの開発

平成29年度

  • ユニット関節を用いた多脚ロボットの製作
  • 無線操縦可能な全方向クローラロボットの製作
  • ひずみゲージを用いたロボットハンドの制御
  • シルバーカー用アタッチメント型階段昇降補助器具の製作

平成28年度

  • 巻き付け型ロボットハンドの改良
  • 組合せ可能なロボットアーム教材のユニットの改良
  • アタッチメント式ハンドサイクルの製作
  • 全方位クローラの製作
  • 視覚障がい者のための歩行支援デバイスの改良

平成27年度

  • 電動ドライバー用ネジ自動供給システムの開発
  • 電動車いす用操縦者支援システムの開発

平成26年度

  • 簡易型データグローブの製作
  • シルバーカーに付加する転倒予防デバイスの製作
  • 視覚障がい者用歩行デバイスの小型化
  • 画像処理を用いた自律移動型ロボットの製作
  • 脳波センサを用いた福祉機器の基礎研究